スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2009.11.25 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    「風が強く吹いている」 学園モノですが、なかなか。

    0
      JUGEMテーマ:小出恵介
       タグ   

      7days, backpacker 林遣都 [DVD] 小出恵介 by 藤原江理奈 Days in India 初回特典:小出恵介ポストカード付き!(Bbmfマガジン) (Photo Homme 1)

      10月末公開の映画なんですが、テーマは駅伝。

      駅伝って、何であんなに感動するんでしょうね。
      その秘密がわかるかもって、映画なんですが、

      映画「バッテリー」で天才投手原田巧役を演じた
      林遣都が、今度は天才ランナー、

      「ルーキーズ」の演技でわれわれを泣かせてくれた
      小出恵介が、弱小陸上部の主将を演ります。

      そういや、林遣都くんは、
      ドラマ「小公女セイラ」(志田未来主演)で
      使用人役を演じてますよね。

      イメージちがうんですけど。
      小出恵介  楽天市場
      林遣都 楽天市場

      ジャニーズJr.の森本慎太郎 映画「スノープリンス 禁じられた恋のメロディ」主演

      0
         

          

        ジャニーズJr.の森本慎太郎くんが、映画初出演にして、初主演。

        まだ12歳だって。

        ベストセラー小説「バッテリー」テレビドラマ版で、
        主人公の原田巧役は、中山優馬が演じてましたが、
        その弟、原田青波役は、森本慎太郎くんが演ってます。

        青波(せいは)役なら、かわいい男の子がぴったり。

        「スノープリンス 禁じられた恋のメロディ」は、
        昭和初期の山形県の寒村を舞台にしているというから、
        貧乏でも懸命に生きる人たちのストーリーです。

        出演者は、
        香川照之、壇れい、浅野忠信など。

        日本風のしっかりした映画になりそうです。

        ジャニーズJr 楽天市場
        ジャニーズJr アマゾン



        「人間失格」 生田斗真が映画初出演・初主演に意気込み

        0
          JUGEMテーマ:生田斗真
          タグ    

            ←楽天市場

          ☆生田斗真 関連商品はコチラ☆
          ☆ジャニーズ関連商品はコチラ☆

          純文学の「人間失格」を、初めて映画化するってことで、
          注目していたんですが、
          生田斗真くんが、早くも主演2作目決定で、
          「シーサイドモーテル」を、麻生久美子と演じるんですね。

          松山ケンイチくんの「ウルトラ・ミラクル・ラブストーリー」に、
          麻生久美子が出ていたんで、
          (劇場に見に行きました。)
          斗真くんが、今度麻生久美子と・・・

          ちょっと、面白いかなと。

          最近、日本映画、けっこういいじゃないですか。

          「蟹工船」や「ノルウェイの森」と、
          2010年初春全国公開の、この「人間失格」と、
          純文学系が映画化されてるってのも、
          面白い現象です。

          小説としては、「人間失格」は、ピカレスク小説です。

          ピカレスク小説とは、悪漢小説と訳します。

          太宰治は、わざわざ悪者を演じているってことです。

          荒戸源次郎監督も、そのへんのところを、
          原作に登場しない実在の詩人・中原中也を登場させることで、

          この小説は、実話じゃなくって、フィクションであり、
          エンターテインメントなんだようって、
          ちょっと、におわせているような・・・。

          その中原中也を、V6の森田剛が演じると。

          森田剛・・・ピカレスク(悪者)って、感じしませんか?


          ☆生田斗真 関連商品はコチラ☆
          ☆ジャニーズ関連商品はコチラ☆

          「ラブ・アクチュアリー」映画。

          0
            JUGEMテーマ:恋愛映画 一般
            タグ    

              

            ヒュー・グラント関連商品←楽天市場

            今日の「笑っていいとも」で、
            20代が選ぶ洋画ラブストーリーの5位に入っていた映画。

            日本では、2004年公開のイギリス映画。

            クリスマスのロンドンを舞台に、
            19人の男女の様々なラブストーリーを同時進行で描いていく。
            ヒュー・グラントキーラ・ナイトレイ等の
            豪華キャストが話題になっていて、

            ふだん、映画など見ないわたしが、
            たまたま見た映画でした。

            おすぎさんが、
            「えーっ、こんな映画誰も見てないよ」
            と、20代の5位に入ったのを、
            驚いてました。

            ロマンティック・コメディなので、
            ほんわかとした調子でストーリーが展開して、
            ほんわかとしたハッピーエンドで終わります。

            ヒュー・グラントの相手役の
            マルティン・マカッチョンがぽっちゃりとして、
            (わたしは、デブ専なのかな。)
            可愛かった。

            「ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜」映画、第33回モントリオール世界映画祭で最優秀監督賞を受賞。

            0
              JUGEMテーマ:浅野忠信
              タグ   

                

              今年は、太宰治生誕100年になるそうで。

              太宰治の世界は、不健康かもしれないけど、
              とても人間的です。

              この映画、「ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜」は、
              太宰の作品を基にした、
              オリジナルストーリーなのですが、

              それだけ原作が、奥行きと巾を持ってるってことです。

              しかしながら、最近の日本映画、
              キャストがとってもいいと思いません?

              佐知(小説家を愛する妻)に、松たか子
              大谷(生きることと闘う小説家)に、浅野忠信
              巳代(飲屋・椿屋の主人の妻)に、室井滋
              吉蔵(飲屋・椿屋の主人)に、伊武雅刀
              秋子(小説家の愛人)に、広末涼子。
              岡田(妻に想いを寄せる青年)に、妻夫木聡
              辻(過去を忘れられない弁護士)に、堤真一

              最近の日本映画、
              元気な感じがします。

              去年の公開数は、418作品。

              2003年が287作品、2004年が、310作品なので、
              確実に増えているんですよ。

              テレビドラマ界は、
              低視聴率に悩んでいるようですが、
              日本映画界は、そうでもないようです。

              浅野忠信関連商品
              松たか子関連商品
              妻夫木聡関連商品
              堤真一関連商品
              広末涼子関連商品

              クヒオ大佐は、ありえない結婚詐欺師。でも、実話。

              0
                 
                こんな奴に、
                なんで、女はだまされるのかっていうのが、
                この”クヒオ大佐”です。

                ワイドショーや、バラエティで何度も
                取り上げられているのですが、

                今回、堺雅人が演じるという。

                虚実の間を、
                ウソと本当の間を、
                ストーリーが続くなかで、
                何度も往復するような演技をしているうちに、

                なにかしら、ユーモアとペーソスを
                感じさせる、堺雅人の演技。

                「ジャージの二人」では、
                駄目になりそうで、そうはならない人間を
                演じていました。

                この稀代の結婚詐欺師、
                クヒオ大佐には、うってつけです。

                ウルトラミラクルラブストーリー。 恋愛も、生き方も、真っ直ぐが、いい。

                0
                  JUGEMテーマ:松山ケンイチ タグ   

                    ←映画の、関連商品です。

                  ★麻生久美子さんの、関連商品いろいろ集めました。★ ←楽天市場

                  公開は、6月6日。
                  青森だけは、5月30日から公開されるところもある。

                  だれも見たことのない、奇跡と恋の物語。

                  横浜聡子監督も、松山ケンイチくんも、青森出身なんですね。
                  この「ウルトラミラクルラブストーリー」も、舞台は青森。

                  松山くんも、青森弁で、熱演してます。

                  脚本も、横浜監督が書いてますから、熱の入った映画です。

                  とっても、ストレートな物語のようで、
                  ストレートすぎて、シュールな印象を、持ってしまうんじゃないか。
                  公開されたら、中学生の息子と一緒に、見たい映画のひとつです。

                  エンディングテーマは、
                  中村一義ボーカルの100s(ひゃくしき)。
                  久しぶりに、中村一義の声を聞きましたが、
                  これも、ストレートな歌いっぷり。シビレル。

                  出演は、
                  松山ケンイチ
                  麻生久美子
                  ノゾエ征爾
                  ARATA
                  藤田弓子
                  原田芳雄
                  渡辺美佐子



                  松山ケンイチに、文学の薫りを感じる

                  0
                    JUGEMテーマ:松山ケンイチ タグ  

                    なぜ無料教材なのか? その続きはクリック


                    ★早期予約特典つき、父の日ギフト。売れ切れ必至!注目のアイテム!★ ←楽天市場

                    松山ケンイチくんが、悩む姿、見たくないですか?

                    松山ケンイチくんが、屁理屈(へりくつ)を言うところ、
                    見たくないですか?

                    わたしは見たい。

                    わたしに共感できる人は、「ノルウェイの森」ちょっといいですよ。

                    村上春樹の小説「ノルウェイの森」は、
                    最後の純文学のような作品なのに、発売当時爆発的に売れていた。

                    主人公はワタナベトオルですが、
                    作中ではただ「」と、内省的に語られている。

                    悩む→孤独→純粋→悩む→・・・という関連が、
                    永遠に続くかのような、主人公のせつない気持ちを、
                    松山ケンイチくんが演じてくれる。

                    相手役の直子は、菊池凛子さんだから、
                    キレイな映画になりそうです。
                     

                    蟹工船 小説の映画化 文学作品の復権

                    0
                      JUGEMテーマ:松田龍平 タグ 

                        ←かに、食べる?

                      ★いろいろなカニ集めました。比較できます。★ ←楽天市場

                      小林多喜二、プロレタリア文学、共産党、マルクス、
                      なんて、時代おくれというか、
                      そんなもの存在したことすら知らないから、
                      受けるんでしょうか?

                      蟹工船は、映画化されるそうで。
                      しかも、若手俳優の松田龍平と西島秀俊が出演する。

                      文学作品が、どんなふうによみがえるのか、
                      ちょっと興味ありますね。

                      ↓中学生のニキビなんて、あっという間に直る実例あり。↓楽天市場だから、安心。
                      ★薬用ビューネ。ニキビ肌、お肌のトラブルに即効性、ぜったいオススメ★

                      ←こっちは、
                       弟の松田翔太くん。
                       薬用ビューネのファイルです。

                       

                      生田斗真くん 映画初主演で「人間失格」やるの?

                      0
                        JUGEMテーマ:生田斗真 タグ 

                        足やせに効果あり!!


                        ★父の日ギフトに、焼酎どうでしょう。いろいろ集めました。★ ←楽天市場

                        むぎ焼酎の水割りの梅干しつぶし」が好きな
                        斗真くん、
                        来春公開に向けて、
                        映画初主演で、「人間失格」とは、なかなか、すごい抜擢。

                        人間失格の主人公は、
                        最後は廃人同様になって、物語が終わります。

                        作者の太宰治も、最後は
                        愛人と一緒に入水自殺して死んでいるし、

                        複雑な悲劇としてのこの小説が、
                        太宰治自身の経験そのものように思っている人が多いようですが、
                        たぶん、ちがいますね。

                        太宰治は、退廃的な作品ばかり書いたわけではないんです。

                        「人間失格」や「斜陽」だけを読んでいると、
                        なんで、このひとは、こんなに人生に対して、悲観的なんだろう?
                        と感じて、それで、キライになっちゃう人も多い。

                        だから、太宰治の小説は、はっきり
                        好きな人とキライな人に分かれてしまう。

                        でも、「正義と微笑」なんていう
                        フツーの高校生のことを書いた小説があって、
                        三島由紀夫の「潮騒」くらい健康的だし、
                        曽野綾子の「太郎物語」くらい若い人の気持ちを
                        的確にとらえている。

                        なにより、コトバがうまい!
                        うますぎる!!

                        太宰治のことを、名コピーライターなんて
                        形容できるほど、コトバのひとつひとつが
                        まるで光っているようでした。

                         

                        | 1/2PAGES | >>

                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                              1
                        2345678
                        9101112131415
                        16171819202122
                        23242526272829
                        30      
                        << April 2017 >>

                        おすすめブログ

                        サプリメントで、美容効能、健康効果
                        大丸札幌店 ファンブログ
                        ・家具の転倒を防止するブログ
                        ・オリジナルウェディング情報はこちら
                        ・結納を、スムーズにやろう!!
                        ・宅建を、独学で取得するブログ
                        ・アマゾンで、本、中古本を、売る、買う
                        人気ブログランキング【ブログの殿堂】 My Yahoo!に追加 Add to Google
                        • SEO
                        • loading
                        • 愛と勇気と、40代
                        テクノラティのお気に入りに追加する
                        • seo

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        recent trackback

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM